Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
          
Archives
Categories
Recent comment
リンク
無料検索エンジン登録サイト
検索サイトiscle

みたいもんブログ検索
Profile
Links
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2014.01.08 Wednesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2006.09.19 Tuesday
アルコールインターロックシステム
最近飲酒運転での悲惨な事故が後を絶たないです。
遺族にとっては、突然愛する家族が失われるのですから悲劇以外の何ものでもありません。
そこで、今注目を集めているのがアルコールインターロックシステムです。車に備え付けのアルコール数値機に吹きかけた息から基準値以上のアルコールが検出されたら車のエンジンがかからないというシステムです。
前車にこのシステムの取り付けを義務づけるのは異論があると思いますので、飲酒運転で捕まった人には義務付る事にして、違反したら重い罰則を作ればいいと思います。

それと同時にこういうシステムを作ると必ず悪さをする輩が出てきます。
例えば酒を飲んでいない人に代わりに息を吹きかけてもらうとか・・・他にも悪巧みを考える人達が出てくるので、やらせた側はもちろんやった側にも同様の重い罰則を負わせるようにしなければなりません。

そして、飲酒運転の検問の強化も継続していかなければならないでしょう。
それをやるには警察の人数が足りないし、警察には他にもっと取り締まってもらいたい凶悪事件がたくさんあります。
そこで、飲酒運転も駐禁と同じように民間委託すればいいと思います。
ですが、飲酒検問は駐禁より危険を伴うと思いますので、逃走した車の追跡ですとかその他の危険を伴う業務に関しては現役の警官、もしくはOBの人達に任せればいいと思います。
主な業務は民間で、危険が及びそうな業務は警官がするようにして上手くバランスをとってやれば少ない人数で国民の安全が守れるのではないでしょうか。

しかし、一番重点を置かなければならない事は、飲酒運転の悲惨さ、殺人と同じなんだという事を中学、高校の時期にしっかりと教えて絶対にしてはいけない事なのだと教育する事だと思います。
遺族の方々、加害者の人達の話を聞かせていかに被害者、被害者遺族、加害者どちらにとっても悲惨な事なのだという現実を伝える事で大分違うと思います。

そして、将来アルコールインターロックシステムを使う必要のない世界を作れればと思います。
その為にも我々一人一人の意識を変える事が大事なのです!

アフィリエイト>>>
| おじゃる丸 | 政治 | 12:19 | comments(0) | trackbacks(1) |
2014.01.08 Wednesday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:19 | - | - |
Comment









Trackback
URL : http://sankutyuari.jugem.jp/trackback/58