Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
          
Archives
Categories
Recent comment
リンク
無料検索エンジン登録サイト
検索サイトiscle

みたいもんブログ検索
Profile
Links
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2014.01.08 Wednesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2006.09.25 Monday
英語が話せれば国際人?
全国の中学校の92%で英語の授業が行われているそうです。今後の国際化社会に適応していく為、国力の為には必要な事だと思う。
だが、問題なのは中身、優先順位である。                  
英語が話せれば頭がいいとか、国際人だという事ではない。
どんなにばかでも1年アメリカで生活をすれば英語が話せるようになるだろうし、話すにしても誰とどのような話をするかが大事なのです。

人生、愛、友情、政治、経済、歴史等の話を英語で出来てこそ本物の国際人であり、中身のまったくない会話をしているだけではただのバカである。
もちろん、年がら年中難しい硬い話をしろといっているわけではなく、そういう話も出来る中身を持った人間が真の国際人ということである。要するに、英語を小中学校から教える事はないのであって、その時間を日本の文化、歴史、国語力(読み書き、聞く、伝える力)を教えて人としての中身、基盤を身につけさせる事が重要である。
それを、身についた上で高校から英語と同時に手話を教えればいいのです。英語は世界語である事は認めるがそれだけでは不十分だと思います。      
耳の聞こえない人達には通じないし、話せない人達には聞き取る事は出来ても伝える事はできない。                            
そこで、手話をマスターする事によって英語と手話の二刀流で国籍、障害者関係なくコミ二ケーションがとれます。
そうなる事で、今まで知らなかった世界を知り、様々な人達と心を触れ合う事により視野が広がり柔軟性が身に付き人間として成長出来るのだと思う。
言葉づかいより心遣いである!
アフィリエイトサイト>>>学校
| おじゃる丸 | 政治 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(3) |
2014.01.08 Wednesday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:04 | - | - |
Comment









Trackback
URL : http://sankutyuari.jugem.jp/trackback/62